日本ロボット外科学会 J-robo -Japan Robotic Surgery Society-

専門医制度

日本ロボット外科学会 Robo Doc certificate 申請について

申請条件

日本ロボット外科学会会員

・日本ロボット外科学会会員であること
・年会費を全納していること

(申請時の症例は学会入会前の症例も含める.ロボット手術とはda Vinci Surgical SystemやZeusなどのマスタースレイブシステムの手術支援ロボットを用いた手術と定義する.)

当学会へのご入会を希望の方はこちから
日本ロボット外科学会への入会について

申請クラス

ポイント数が下記のいずれかを満たす者。

  • 国際A級 1000ポイント以上取得者
  • 国際B級 500ポイント以上取得者
  • 国内A級 300ポイント以上取得者
  • 国内B級 30ポイント以上取得者

※国際クラスへ申請、もしくはup gradeする場合、ロボット関連の英文論文(first author)を1編以上かsecond author,last authorのものであれば計2編以上必要とする。
(英文論文:MEDLINEデータへの登録が認められている英文雑誌,すなわちPubMEDで検索可能な英文雑誌)

ポイント算出方法

計算式:症例数× 術式係数(※1)× 役割係数(※2)× (特別係数(※3)

(※1)術式係数:国内で今後の予想される症例数を鑑みて決定
泌尿器科 1  
心臓血管外科 3 (内胸動脈採取 2)
消化器外科 2
呼吸器外科 2
婦人科 2
その他 2
(※2)役割係数
Console Surgeon 1 (ロボット手術の60%以上を担当した場合)
Patient side Surgeon  0.4
Proctor 1(自院での指導的役割)
(※3)特別係数:先進医療症例(腎癌(平成28年4月より前の先進医療症例のみ)、胃癌、咽喉頭癌)、他院に赴いての指導的症例
先進医療症例 Console Surgeon 3
Patient side Surgeon 3 (この場合,役割係数1)
他院指導 Patient side Surgeon 2
Procotor 2 (この場合,役割係数1)

※日本ロボット外科学会への功績を考慮し,
日本ロボット外科学会理事は理事ポイントとして最初に300ポイントを付与する.

  • 心臓手術 Console Surgeon 5例
    5(症例数)×3(術式係数)×1(役割係数)=15
  • 泌尿器科 Patient Side Surgeon 15例
    15(症例数)×1(術式係数)×0.4(役割係数)=6
  • 消化器 Proctor (他院指導) 5例
    5(症例数)×2(術式係数)×1(役割係数)×2(役割係数)=20
  • 泌尿器 自院でのProctor 50例
    50(症例数)×1(術式係数)×1(役割係数)=50

泌尿器科 Patient Side Surgeonを15例,執刀30例,自院での指導10例,他院での執刀3例,他院での指導5例の場合

 15(症例数)×1(術式係数)×0.4(役割係数)=6
 30(症例数)×1(術式係数)×1(役割係数)=30
 10(症例数)×1(術式係数)×1(役割係数)×1(特別係数)=10
 3(症例数)×1(術式係数)×1(役割係数)=3
 5(症例数)×1(術式係数)×1(役割係数)×2(特別係数)=10
 6+30+10+3+10=59

   

申請方法

本ページに記載の必要事項を確認して申請して下さい。
申請用紙は下記の「Robo Doc certificate申請書」をダウンロードして,委員会事務局まで送付して下さい.
なお,申請手数料(3万円)を下記の口座に振り込み,振込み用紙のコピーを同封して下さい.
 ご質問のある方は,メールで事務局にお問い合わせください.
※電話によるご質問は事務局で対応できませんので,あらかじめご了承ください.

申請書ダウンロード
Robo Doc certificate申請書 (エクセル形式:30KB)

ご送付先

〒168-0065
東京都杉並区浜田山 3丁目19-11 ニューハート・ワタナベ国際病院内
日本ロボット外科学会 Robo Doc certificate申請事務局
TEL: 03-3311-1119 FAX:03-3311-3119
E-mail: info@j-robo.or.jp
※簡易書留で送付してください.

手数料振込み口座

口座名: 「日本ロボット外科学会ロボドック申請事務局」
 (ニホンロボットゲカガッカイロボドックシンセイジムキョク)
金融機関: みずほ銀行 浜田山支店
口座番号: (普)1973808